2019/10/6 舞台鑑賞「ともだちげきじょう」

2020 その先のこどもたちへ
みる・きく・あそぶプログラム 第1弾 

幼児~小学校低学年向き 鑑賞会
「ともだちげきじょう」人形劇団ののはな


【日時】2019年10月6日(日) 11:15開演(11:00開場・12:00終演)
【場所】小平たいよう福祉センター2階会議室(小川駅西口 徒歩7分)
【対象】2歳~小学校低学年
【参加協力券】大人1,000円・子ども(3~17歳)500円 
2歳以下は協力券は いりません。

人形劇「ともだちげきじょう」は楽しいお話のてんこもり!
どんなお話かな?
1.「しろくまちゃん」
  しろくまちゃんが ともだちをみつけて あそびます。
2.「ウレタンロボット」
  子どもの正義感と 成長する中で出会う人たちとの交流を描いています。
3.「コップんこシアター」
  紙コップを使ったかみしばい。5つのお話があります。
4.「ぴょんちゃん・けろちゃん」
  バケツの中から かえるくんが出てきたよ。
5.「うどんのうーやん」
  人手不足のなので うどんのうーやんは自分で出前にでかけます。はらぺこのネコに出会ってうどんを食べさせてあげました。ありゃりゃりゃりゃ うどんが半分になってしもた!どないしよう…。岡田よしたかさんの絵本が人形劇になりましたよ。

<人形劇団 ののはな プロフィール>
野の花は、大地や雨やお日様の恵みをもらい、花を咲かせます。そして、その実を大地に返すのです。そんな活動でありたいと、「ののはな」という名前を付けて、夫婦で活動をしています。好奇心が旺盛で行動力のある、子どもらしい子どもの時代を、生き生きと生きてもらいたいとの願いをこめて、人形劇の公演をしています。2人とも人形劇団プークで活動し、花小金井に住み、小平こども劇場でも会員として楽しみました。現在、北九州を拠点に活動。代表の納富俊郎は、東京優秀児童劇選定児童劇団協会個人賞受賞。「ちいちいにんにん」で児童福祉文化賞を受賞。「ともだちげきじょう」は平成29年度児童福祉文化賞特別推薦を受けました。

「2020 その先のこどもたちへ みる・きく・あそぶプログラム」
2020年夏、東京で開催されるオリンピック・パラリンピックは、スポーツと”文化”の祭典です。私たち NPO法人小平こども劇場は、さらに多くの子どもたちに文化体験を届けるために「2020その先のこどもたちへ みる・きく・あそぶプログラム」に取り組みます。2020年のその先を生きる子どもたちの 文化豊かな環境をつくる活動となるよう、大人たちが協力し合い さまざまなプログラムを地域の中で実現します。

2019年09月02日 | Posted in これからの予定, みる・きく(舞台鑑賞活動), 小学生低学年, 幼児, 新着情報 | | Comments Closed 

関連記事